【マイクラ】超簡単?リソースパック作り方

【マイクラ】超簡単?リソースパック作り方

ブロックのテクスチャとかMOBのテクスチャを自作してみたい!
なんて思ったことありませんか?

プログラミングや難しい技術など必要ありません!

今回は誰にでも分かるよう説明していきたいと思います!

—スポンサーリンク—
—スポンサーリンク—

まず準備からしていきましょう~

とその前に、リソースパックの構成を軽く説明します。

リソースパックというのは、assetsフォルダーpack.png(リソースパックのアイコン画像)とpack.mcmeta(リソースパックの説明文)の三つのファイルを一つのフォルダーにまとめてリソースパックスフォルダに入れることによって利用できます。

では準備をします。

・ディスクトップに新規でフォルダーを作成しましょう。

ファイル名はリソースパックのタイトルになります。

・そのフォルダーの中に新規フォルダーを作成して名前は assets にしてください。

・次に自分の好きな正方形の画像をpng形式で用意してください。

その画像をリソースパックのフォルダに入れてください。
この画像がリソースパックのアイコンとなります。

・そして一番厄介なのが pack.mcmeta です。

新規のテキストファイルを開いて、下記のように書き入れます。

{
“pack”: {
“pack_format”: 3,
“description”: “リソースパックの説明文を入力(英字推奨)”
}
}

リソースパックの説明の部分を編集します。

ただ、半角アルファベットと半角数字しか使えないのと、ダブルクォーテーション(“)は半角で記述してください。
最後に、使用するマインクラフトのバージョンに合わせて以下のようにpack_formatの値を変えてください。

1.8以降:2 1.11以降:3 それ以外:1

ここまで済んだら 名前を付けて保存 から拡張子を mcmeta にして保存します。

よくわからない方は こちら からファイルを配布しますので、ご利用ください。

このファイルはこの部分のためのファイルです。

ここまで来たら一旦確認しましょう。

このようになりましたか~?

では次!

あ、そうそう…

ここまで来たら少しは慣れてきたと思うので、少しペースを上げますね!

assets の中に新規フォルダー minecraft を作成。
minecraft の中に新規フォルダー textures を作成。
textures の中に新規フォルダー blocksentity の二つを作成。

ここでやっと下準備完成。

一つだけ丸石を例にしてテクスチャを作成してみましょう。

まずGIMP2をダウンロードしましょう。

このソフトは画像を編集するソフトです。

バニラのテクスチャは .minecraft / versions / 任意のバージョン / 拡張子がjarのファイル に格納されています。

今回は丸石を例に編集していきます。


▲ 簡単な使い方の説明 ▲

デザインが決まったら ファイル名前をつけてエクスポート から保存します。

これをさっきの texturesblocks に入れます。

あとは最初に作成したリソースパックのフォルダーを
.minecraft / resourcepacks に入れます。

ここまできたらゲームを開始して、設定から自分のリソースパックを選択して適用すれば完了です。

 


このTwitterフォローしていただければ、私の最新記事が出るたびにツイートされます。
興味がある方はぜひフォローお願いします(^^)/