【マイクラ】ワールド探索ツール「CHUNK BASE」の使い方|森の館も一瞬で発見!

マイクラPCの便利ツール「CHUNK BASE」の使い方などを解説します。正直今更感もありますが、まだ知らない方は参考ください^^
簡単に言うと、マイクラのグーグルマップです。自分のワールドで何がどこにあるのかすぐに分かってしまいます。

※このツールを使うと、冒険要素を損なってしまいますので自己責任でお願いします。

[マイクラグッズ専門店]マイクラファンショップ
micrafanshop

「CHUNK BASE」のリンク

CHUNK BASE-Apps

こちらをクリックすると別タブで開きます。

13種類のモード

※基本的な使い方はどのモードも同じようなものなので「Slime Chunk」を代表として解説します。以降は諸々省略します。

Slime Chunk(スライムチャンク)

スライムチャンクを調べるモードです。

「/seed」とチャット入力欄に打ち込めば、チャット欄にseed値が表示されますので、それをツールのseed値入力欄に打ち込むとマップが表示されます。

例えば、以下の画像の真ん中のスライムチャンクは座標(x=-64~-80,y=-16~-32)の範囲にあることがわかります。

ちなみに、ゲーム中で現在地の座標が見たい場合は、「F3」キーをおすと表示されるデバック情報の中に表示されます。

Village(村)

村の位置を調べるモードです。

黄土色の点の部分が村がある場所です。結構いっぱいあるんですね笑

Biome(バイオーム)

こちらはバイオームを検索するモードです。

普通にマップを見渡すごとができ、バイオームごとに色分けされてあります。

マウスカーソルを合わせた場所の座標とバイオーム名が分かり、非常に便利です。

表示するバイオームを指定する事も出来ます。

このように、複数のバイオームを同時に表示する事も出来ます。

森の館など その他のモード

「Mineshaft(廃坑)」「Nether Fortress(ネザー要塞)」「Stronghold(要塞)」「Desert Temple(砂漠の寺院)」「Ocean Monument(海底神殿)」「Witch Hut(魔女の家)」「Jungle Temple(ジャングルの寺院)」「Igloo(イグルー)」「End city(エンドシティ)」「Mansion(森の館)」は、すべて「Vilage(村)」と同じ使い方になります。

特別な使い方もなく、説明不要かと思います。

まとめ

最近はバージョン対応の更新がされていないようですが、最新バージョンに設定すれば「v1.12」では動作確認できました。(初期スポーン周辺)

割と手抜き解説みたいな感じになってしまったのは否めませんが、お許しをぉ~...。

もし、バージョンの差による動作不良などがあればコメントまたはツイッター(@kzkzkazz)まで一声頂けると助かりますm(_ _)m

スポンサーリンク