小中高生必見!プログラミングに興味あるならプロゲートで学ぼう!

著者:Kazz(Follow@KzKzKazz)

まえがき

マインクラフトで建物やトラップなどいろんなものを作って楽しい。

作るのが好きで、プログラミングを通してなにか作ることに関して興味があるけど、何をしたらいいかわからない。

この記事では、プログラミングに関して何も知らないあなたがプログラミングを始めるひと押しになればと思いこの記事を書きました。

実際にプログラミングをしてみたりといったコーナーもあるので、今のところ興味がないという人でも一回体験してみてほしいと思っています(^^)/

小学生であろうが中学生であろうと、誰でもできます。安心して読み進めていってください(*´∀`*)

(宣伝してお金もらったりとかは一切していません!)

何から始めればいいの?

プログラミングといっても、用途によって書くプログラムの種類、形が全然違います。

たとえば、マインクラフトJava版はJavaというプログラム言語で書かれていたり、今見ているこのブログはHTMLCSSPHPというプログラム言語で書かれています。

Javaを習得すればマインクラフトのMODも自作できますね(^^)

じゃあ、何から始めたらいいのでしょう?

例えば「ゲームを作りたい!」という人であれば、まずゲームエンジンとよばれるゲームを作るための機能がそなわった開発環境を選んで、そのゲームエンジンに使うプログラム言語を学び、企画を立てて開発を始める。というのが一般的だと思います。

超有名なUnityというゲームエンジンは、かんたんなゲーム(ブロック崩しなど)くらいなら、ゲームエンジンでブロック配置してプレイヤーとボール用意して当たり判定を...のように、プログラムを書かなくても完成させれたりもします。

Unityでブロック崩しを作ってる例 引用:https://qiita.com/yaju/items/6...

ただ、ゲーム開発はどうしても難しいことも出てきます。高校以上の数学や物理を使ったりもします。つまづくことも多いでしょう。

他にもスマートフォンアプリ開発やWeb開発や組込みシステム開発や...、例を上げたらキリがないですが、その中でも個人的におすすめなのが、Web開発です!

たとえばホームページを作ったり、TwitterのようなSNSを作ったり、Amazonのようなショッピングサイトをつくったり、発想次第で何でもできます(-ω☆)キラリ

Web開発は始めるにあたって、どんなパソコンでも開発できて、予備知識があまりいりません。未経験者にはもってこいの条件ですね!

例えば、自分のホームページを自作するとしましょう。

どんなWebページも、ページの構成を決めるHTMLと、ページの色や文字の大きさや要素のレイアウトなどデザインを決めるCSSという言語が使われています。

このHTMLとCSSを勉強して使えるようになれば、自分だけのホームページを自分で作れるようになってしまいます

冗談ではありませんよ(・∀・)b

HTMLを体験してみよう!

では一度HTMLを体験してみましょう!パソコンがあれば誰でも出来ます!

デスクトップで右クリックからテキストドキュメントを作成。

〇〇.htmlのような名前をつけます。これでHTMLファイルの出来上がりです。

HTMLファイルをメモ帳で開きます。

メモ帳にこのプログラムをコピペして保存します。

GoogleChromeで開きます。

うん、ちゃんと出来ていますね!

HTMLのコードとページを比較してみましょう!

それぞれ対応しているのがわかりますね!

この<title></title>や<h1></h1>のように、文字を囲っているものをタグといいます。そして、titleタグやh1タグといったりします。

でもコード中にもある<!DOCTYPE html>とか<meta>とかはなんなの?って思うかもしれません。これらはWebページのテンプレみたいなもので、まだ深く理解する必要はありません!

HTMLのタグはたくさん種類があって、URLのリンクを貼るaタグや改行するbrタグなど、ここで挙げていったらキリがないくらいです。

自分で色々やってみたいという人は、Googleで調べてもいいし、HTMLタグリファレンスに分かりやすくまとめられていたりもします。

↓テンプレを用意したので自分で色々遊んでみてね!

どう勉強すればいいの?

さて、ここまで来たのはいいですが、上でやったHTMLは全体的にみればまだほんの一部です。これから本格的なWebページをつくりたいといった場合はどうしたらいいでしょうか。

もちろんいきなり本格的なWebページを作れる人なんかいません。いまお仕事としてWeb開発をしている人も、最初は何もわからず本を読んだり人に教えてもらったりのくり返しでしたでしょう。

もちろん本を読んで勉強するのもいいでしょうし、検索も便利です。

ですが、今はもっと便利で手軽にプログラミングが学べるProgate(プロゲート)というサービスがでてきました。

登録自体は無料で、しかもプログラミングの勉強ができるチュートリアルも、途中までなら無料で受けることが出来ます!

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

一応言っておきますが、僕がこのプロゲートから宣伝のお金をもらったりは一切してません!シンプルにおすすめなだけです!

プロゲートに登録してみよう!

まずプロゲートのトップページにいきます。

プロゲート - トップページ

無料会員登録へ

SNSでの登録が簡単でおすすめです!

僕はツイッターで登録します。連携アプリを認証します。

SNSやってないよってかたはメールアドレスから登録しましょう。メールアドレスもない場合は、googleアカウントをつくるか、家族のメールアドレスを使わせてもらいましょう。

実際にレッスンを受けてみよう!

ログインできました。レッスン一覧へ。

HTML&CSSのレッスンを選択。

レッスンを始めます。

プロゲートではスライドショーと実演の繰り返しでレッスンが成り立っています。

スライドショーが終わったら実演にうつります。

ざっくりとした構成はこんなかんじ。

ここまできたらそのまま進めていくだけだ!

プロゲートを使いこなすコツ

便利なプロゲートですが、何も考えずただただ進めていても効果が薄いのは確かです。

「プロゲートはあくまで概念を学ぶものであって、技術は自分で身につける」と考えてすすめると、下手に何周もレッスンをまわすよりも高い効果が得られるかと思います。

個人的におすすめなのは、プロゲートとは別に自分の環境で色々試したり、レッスン毎にその場で自分が作れそうなものを考えて作って、それをアップデートしていったりするといいでしょう。

特にHTML&CSSはパソコンに開発環境を用意しなくていいので、自分のパソコンで色々試しやすいですし。

プロゲートの有料会員について

各レッスンの中級の途中から有料会員でしか受講できなくなります。

もちろんプロゲートも商売としてやっているので、なんらおかしい事ではありません。

プロゲートの有料会員は月額980円で全レッスンが開放されます。どれだけやっても月980円です。

これは僕の個人的な意見ですが、このサービス内容で月980円は、破格と言ってもいいでしょう。じっくりやりこんで1ヶ月で解約しても980円なので、お財布の厳しい学生さんでも十分やっていけそうです。(プログラミングスクールなんて通ったら平気で月数万かかる場合もありますし)

ただ一つ難関があって、支払い方法がクレジットカードしかありません。これは学生にはどうしようもないので、親御さんにお願いして登録してもらうしかありません。

プログラミング勉強してみたいなんていえば、親御さんも考えてくれるでしょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    押見隆体力遣う素味

  2. 匿名 より:

    急円安藤充電非刺身